MENU

【プロも採用する持ち方】つかみ持ちにおすすめのゲーミングマウス7選:選び方についても解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

PCでFPSゲームをプレイする方なら、マウスの持ち方や持ち方に適したマウス選びは重要です。

本記事では、マウスの持ち方のひとつであるつかみ持ちにおすすめのゲーミングマウスと選び方について解説します。

目次

つかみ持ちにおすすめのゲーミングマウス

Logicool G PRO X Superlight

おすすめな点
おすすめできない点
  • 63g以下の軽量マウス
  • 万人が持ちやすいサイズ感
  • 最大70時間以上連続で使用可能
  • 有線&無線接続に対応
  • 価格が高め
  • 充電端子がMicro USBTypeB

つかみ持ちに限らず、とりあえずこれを選べば間違いないというゲーミングマウスがG PRO X Superlight

APEXで有名なImperialHal選手やSelly選手をはじめ、多くのプロゲーマーも愛用しています。

サイズは縦125mm・横63.5m、重量は63g以下と非常に使いやすく、つかみ持ちはもちろんつまみ持ちにも最適です。

バッテリーは満充電だと70時間連続で使用する事が可能で、長時間FPSゲームでも安心。

有線と無線の両方の接続に対応しているので、「無線は接続面に不安がある」という方でも使いやすいのもいいところですね。

Logicool G703h

おすすめな点
おすすめできない点
  • 人間工学に基づいたエルゴノミクス形状
  • 1万円以内で購入できる
  • ゲーム以外の使用用途でも使いやすい
  • 有線&無線接続に対応
  • 充電端子がMicro USBTypeB
  • 重量が95gと重め
  • 左右非対称

G703hは過去にAPEXで有名なRas選手も過去に使用していたデバイスで、1万円以内で買えるゲーミングマウスとして人気があります。

サイズは縦124mm・横68m、重量は95gとゲーミングマウスの中でもどっしりとしたマウスです。

一番フィットする持ち方はかぶせ持ちですが、つかみ持ちでも十分使いやすいです。

G703hの特徴としては、人間工学に基づいたエルゴノミクス形状で、握りやすく快適にマウス操作をすることができます。

1万円以内で購入できるマウスのためコスパも高く、エントリーモデルとしてFPSゲーム用のマウスを探している方にはおすすめです。

Razer Viper V2Pro

おすすめな点
おすすめできない点
  • 59gの超軽量サイズ
  • 最大30000のDPIセンサー搭載
  • 最大80時間の連続使用が可能
  • 有線&無線接続に対応
  • ゲーミングマウスのなかでも高めの価格設定

Viper V2Proは、VALORANTのプロゲーマーであるShyy選手やDep選手をはじめ、様々なプロゲーマーも愛用しています。

サイズは縦125mm・横66m、重量は59gと軽量&小型のサイズ感で非常に使いやすく、つかみ持ちに最適なマウスといえます。

最大30000のDPIセンサー搭載で高精度なマウス操作が可能となり、少ない動作で高精度なエイム操作をできるのが利点です。

バッテリーは満充電で最大80時間の連続使用が可能。

さらに有線と無線の両方の接続に対応しており、ゲーミングマウスに必要な要素を最大限盛り込んだマウスと言えるでしょう。

販売価格は2万円台とゲーミングマウスの中では高額なのが欠点ではありますが、逆に言えば値段以外での欠点はほぼないようなマウスです。

Razer DeathAdder V3 Pro

おすすめな点
おすすめできない点
  • 人間工学に基づいたエルゴノミクス形状
  • 64gの軽量サイズ
  • 手が大きい方におすすめ
  • 有線&無線接続に対応
  • ゲーミングマウスのなかでも高めの価格設定
  • 左右非対称

DeathAdder V3 Proは人間工学に基づいたエルゴノミクス形状で、握りやすく操作がしやすいのが特徴です。

サイズは縦127.5mm・横67mと、同価格帯のViper V2Proと比べても一回り大きいですが、逆に手のサイズが大きい方にはDeathAdder V3 Proのほうが使いやすいです。

重量は64gなので操作がしやすく、長時間のゲームでも疲れにくいですね。

最大30000のDPIセンサー搭載で高精度なマウス操作ができるのも魅力の一つで、細かいAIM操作を求めている方にはピッタリの性能と言えるでしょう。

販売価格は2万円台と高額で左右非対称なのが難点ですが、総合的に見てもかなり優秀なゲーミングマウスです。

ENDGAME GEAR XM2we

エンドゲームギア(Endgame Gear)
¥11,812 (2024/06/16 09:21時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
おすすめな点
おすすめできない点
  • 窪みのある形状が手にフィットしやすい
  • ワイヤレスマウスの中ではコスパが高い
  • 有線&無線接続に対応
  • クリック感が重め
  • 形状的に持ち方が限定される

GEAR XM2weは、VALORANTトッププロであるTenz選手も使用しているゲーミングマウスで、つかみ持ちでFPSゲームをプレイする方にはイチオシのマウスです。

サイズは縦120mm・横66m、重量は63gと小型サイズ。。

GEAR XM2weは左右対称の窪みのあるデザインが特徴ですが、このデザインが手にフィットしやすくつかみ持ちはもちろん、つまみ持ちでも快適にマウス操作ができるデザインとなっています。

販売価格は1万3000円台となっていて、ワイヤレスマウスの中では比較的購入しやすい価格となっているので、性能面も考えるとコスパの高いのもメリットの一つです。

形状的にかぶせ持ちでは使いにくいですが、つかみ持ちやつまみ持ちでゲーミングマウスを探しているなら、GEAR XM2weを選んでみてはいかがでしょうか。

Pulsar Gaming Gears X2V2

おすすめな点
おすすめできない点
  • 51gの超軽量サイズ
  • 光学式スイッチでチャタリングが起きにくい
  • 有線&無線接続に対応
  • クリック感が重め

「とにかく軽いマウスがほしい」という方におすすめなのがGaming Gears X2V2

前作のX2からさらに軽量化され、つかみ持ちの方にはかなり使いやすくなりました。

サイズは縦120.4mm・横63m、重量は53gの超軽量。

高さも38mmなのでつかみ持ちだけでなく、つまみ持ちでも操作しやすいサイズ感になっています。

DPIセンサーも最大26,000なので高精度なマウス操作が可能で、さらに光学式スイッチでチャタリングが起きにくいのも魅力です。

ビルドクオリティが非常に高く、持ち方に限定せず万人におすすめのゲーミングマウスです。

BenQ ZOWIE ZA13-C

おすすめな点
おすすめできない点
  • つまみ持ち〜かぶせ持ちまで様々な持ち方で使いやすい
  • パラコードケーブルで有線でも操作しやすい
  • クリック感が軽い
  • 無線には非対応
  • マウスのおしりは高め

ZOWIE ZA13-CはVALORANTのプロゲーマーであるGON選手も使用しているゲーミングマウスで、有線マウスの中ではかなり使いやすくおすすめです。

サイズは縦121mm・横63m、重量は65gと軽量マウスの中では重めに入る部類ですが、つかみ持ちでも問題なく操作できます。

形状は左右対称でどんな持ち方でもフィットしやすく、つまみ持ちやかぶせ持ちでも使いやすい形状なのが魅力です。

さらにパラコードケーブルで、マウスを操作したときの引っかかり感がなく有線でも快適にマウスを操作することができます。

有線マウスの中では完成度が高く、万人におすすめのゲーミングマウスです。

つかみ持ちに適したゲーミングマウスの選び方

重量は軽いものを選ぶ

基本的にはゲーミングマウスは軽いものを選ぶのがおすすめです。

その理由として、重量があるマウスだと操作時の負担が大きく疲労感がたまりやすいというデメリットがあります。

現在の軽量マウスは50g前後が多く、最低でも70g以下のマウスを一つの目安として選ぶのがおすすめです。

ただし、重量が50gを超えているすべてのマウスが使いにくいということはなりません。

60gや70gを超えていても形状によっては力が入れやすく、実際に操作するとスペックほど重量を感じないということもあります。

LogicoolのG703hといった重量はあるけど形状的に操作しやすいマウスは、腕への負担も少なく疲労感はたまりにくいです。

逆に軽すぎても、形状的に力を入れづらくて疲労感がたまりやすいというケースもあるため、重量と合わせてサイズや形状もあわせて確認しましょう。

サイズは自分の手で余裕を持って握れるサイズが目安

つかみ持ちはほとんどのマウスで使える持ち方なので、サイズの自由度が高いのがメリットですが、サイズをしっかりと選ぶことでよりつかみ持ちの操作がしやすくなります。

つかみ持ちのマウスは基本的には自分の手で余裕を持って握れるぐらいのサイズ感がベストです。

がっしりと掴むような大きさのマウスだと、かぶせ持ちには最適ですがつかみ持ちだと少し操作しづらくなる可能性があるので、基本的には小さめのマウスが有利だとされています。

逆に手が大きい方だと、小さすぎるマウスは使いづらくなる可能性があるので、自分の手のサイズを確認しながら最適なサイズのマウスを探すようにしましょう。

無線に対応しているか

つかみ持ちに限らず、マウスを選ぶ上で無線なのか有線なのかは非常に重要です。

どちらがおすすめかについては、好みやプレイスタイルによって分かれるため一概には言えませんが、一番無難なのは無線と有線のどちらにも対応しているマウスを選ぶのがいいでしょう。

無線にするか迷ったら、LogicoolのG PRO XRazerのViper V2Proなどの両方の接続方法に対応しているマウスを選ぶのがおすすめです。

ちなみに、主流なゲーミングマウスはワイヤレスでも入力遅延が7ms以下であるものがほとんどで、現在では有線と無線で入力遅延の誤差はほぼありません。

特別なこだわりがない場合は、可動域も広がり利便性のあるワイヤレスマウスを筆者としてはおすすめします。

つかみ持ちってゲームに有利?

つかみ持ちはつまみ持ちやかぶせ持ちと比べても、一番採用しているゲーマーが多い持ち方です。

APEXで有名なSelly選手、有名ストリーマーの釈迦さんや渋谷ハルさんなどもつかみ持ちを採用しており、非常に多くの方が採用しているのがわかります。

つかみ持ちは手のひらでマウスの後部をカバーし、親指・薬指・小指でマウスを抑えながら操作をする持ち方です。

そのため、素早く緻密なマウス操作がしやすく安定感も高いのがメリットです。

またつまみ持ちと比べて指に対する負担が少なく、疲れにくいもいいところです。

安定感と捜査官のバランスが取れている持ち方で、FPSゲームを有利に進めるのにおすすめの持ち方と言えるでしょう。

まとめ

つかみ持ちにおすすめのマウスは、重量やサイズなどをしっかりと確認することで自分に合ったマウスを選べます。

本記事で紹介したゲーミングマウスを参考に、つかみ持ちがしやすいマウスをぜひ選んでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次